読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララランドを見た

 ラ・ラ・ランド(La La Land)、見ました。デミアン・チャゼル監督、主演はライアン・ゴズリングエマ・ストーン。賞については詳しくは知らないのだけど色々ノミネートされそして受賞しているようです。

第74回英語版ゴールデン・グローブ賞ではノミネートされた7部門すべてを獲得し[8]第70回英語版英国アカデミー賞では11部門でノミネートを受け、6部門を受賞した。第89回アカデミー賞では『タイタニック』(1997年)、『イヴの総て』(1950年)に並ぶ史上最多14ノミネート(13部門)を受け[9]監督賞主演女優賞エマ・ストーン)、撮影賞作曲賞歌曲賞(「City of Stars」)、美術賞の6部門を受賞した。

出典:ラ・ラ・ランド - Wikipedia

 公開前から上映を楽しみにしていて、というのも、わたしはエマ・ストーンのことが大好きなので彼女が主演ということで注目していた。最近は、事前知識を最低限にしておいてから映画を見ることにはまっているので、ラ・ラ・ランドも公式のあらすじや予告動画を見ず、映画の上映前に流れる予告を見た程度の認識で挑んだ。結論から言うと、好きな映画だった。好きな人が出ているというだけとりあえず好きだし、内容に関しても好きだと感じた場合、好きな人が出ている効果もありそれは何倍も好きだと感じた。

 以下内容に触れつつ感想。映画を見た方だけお読みください。

続きを読む